2011年12月16日

土曜の夜の鳥取モールで土曜日に

オープントゥパンプス土曜の夜の鳥取モールで土曜日に鳥取駅では、文化活動に参加するために健康の数を開催。 - いいえ、多くの人でいっぱいです。私は幼児鳥取でした!私は通常どこかに隠す? (笑)目立つ、そして有名なシービレッジSC貝がら節の多くがある場合は私がイベントを踊っている。それが活気を必要とする、私はストリートパフォーマー、嫉妬の少し(羨望)(笑)の完了を参照してください。来年の話ナイトマーケットをやってみたい!行くと私は8月13日毎週土曜日になるまで、ナイトマーケットに行ったことがある参照してください。毎日夜10時で、ストリーミング、リアルタイムのビデオ。アドレスYNN 松本市版、2011年7月29日、28次の日の軍縮に関する国連会議、東の福島で最初の原子力発電所が地震で開催理事会は、事故前に、原子力の平和利用に関する喫緊の課題は、3つのそのような会議は活発な議論だったがありますしていた。菅谷昭市長は、参加医師の視点から世界の核政策、それは足の継続的な強化を再考する時だと彼は言った。また他の参​​加者が、より生活には、主要な経済活性化を保護することができますとそこに問題、市長ですライブと意見とはみなされないように、日本の(地震は)と市長菅谷ミッチェルは言った現場での医療援助後のNuobeiリチウムの事故(1986)。時間の経験が、核の大惨事は、陸上で生活を維持、または産業と経済を優先する、または生命を優先させることは不可能である、我々はしています交差点、彼は前の市長、副原子力委員会は、内閣は、イチローのルールを議論したという。核政策、序文の、個人的な感情の安全と福祉が満たされるべきではないことを確認することなく、主な問題はその人間の共存です。そして今、の生殖系発達と配信への暴露を含む、彼は外国人の参加者から前記、問題がある、例えば、会議は、少なくとも30分延長されました。他の総会は、の使用を禁止する国連条約を確立するために武器の目的(カットオフ条約)のために核分裂性物質などの議論の生産です。このような核兵器用プルトニウムのテストや生産などの生産と輸出を禁止する条約、。 29に閉会式と平和と軍縮のための高校生の最終日には、結果が発表しました。閉会式の後、氏は室内オーケストラは、平和のための弦楽四重奏の魅力を含めて、小さなコンサートを開いて、指揮者小澤征爾が指揮。 2011年7月29日地方版同時に、浜◇生きた化石カブトガ
posted by tjfgdsf@hotmail.com at 10:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。