2011年12月17日

氏は写真家誠一元橋(71)と都

ビジネスシューズ氏は写真家誠一元橋(71)と都市のルポライター蒲田(73)インタビュー屠殺(スキップ)やレコード店、8月23日自由は大阪、大阪にあります。写真と30年前松原、大阪市食肉処理場で、屠殺場(平凡社)黒と白の写真は記念出版物を強調する。質問、正面から、私たちの生活の中での意味、そして職場での差別の循環における人間の生活の人虐殺ものがはっきりとわかります。本橋のチェルノブイリ事故とナディアの村後のベラルーシでの絵画やアリエグラムと春の感謝、絵のような筑豊の炭鉱労働者を追跡する必要性などのフィルム、、私より、あるかどうか。鎌田はこのような核のルポルタージュ作品、スローターハウスのファイル(岩波書店ブック)の出版などの問題の数にあります。本橋の幼年期は、中野で、東京が戦争で破壊された、彼の父親は、兵舎を構築するために十数羽の鶏を書き始めた。氏本橋の餌付け。卵と肉は、タンパク質の重要な情報源です。食糧生産Manakuの鶏の卵。彼の父はいつも私を溶かす助けた。とのままに肉のグリルチキンウィング特殊母の少しは、土の理愛情を込めてダロネガである、固体、同じように食べてください。これらのライフサイクル、および経済成長に突入するが、次第に明らかになっています。しかし、松原市食肉首の相互作用とライフスキルを経験しているナイフを持つ子牛の革。 あなたは、私が見たいと思って、参照してくださいと参加し続けています。本橋の写真上で公開され、公衆の生命に相互作用する二つの意味、、他があなたに聞いている、あなたは、差別の屠殺場、様々な形で働く人物を持っていると語った。鎌田のこの橋の開発の写真作品は、日本初の歴史的な写真であるを評価した。したがって、労働者は、足のから作品として傾いたれ、差別されて、私は唯一の仕事は重要ですどのくらい知っている、と彼は言った。 Puのティエンは、繰り返し、ひどい虐殺である人の仕事となります。把握するために熟練した人々を使用する。視力のこのライン美しい。深い印象を残した、と彼は言った。肉を買うと言う人の関係がブロックされているが、言っている間その一方で、汚れた私の手は、、貧困によって引き起こされている。 感度の不足を示す人間の貧困、差別、、と彼は言った。 Puのティエンは、すべての内臓を接続するには、言った:労働者を、そして牛の腹に逆さまに剣、シーンが一瞬ですべての蒸し勇気を落下すると発表した。牛や豚が死亡したとき、福島原子力事故に残されます。この関係は、常に人間と動物の間で引き裂かれている原子力事故、そしてこと、それは便利を追求する人生を変えるチャンスだと彼は言った。貝塚から明、大阪府(56)床の北出文。自分の手ギャップとならされる牛、の世代が生活し、肉に言われています。 8月28日まで、大阪の自由屠殺場展覧会の本橋。全羅南道、ハッピーでフレンドリーな都市郡、郡(墓)韓国語のローカルバージョンの鹿島有名なGatarinpikku 2011年7月27日、オープニングジョン林興、2011年のクレイジーな息子を促進する。最初は海外Gatarinpikku。市は希望、さらに友好関係を深めるために開催された全体の古代深海の感じになります。韓国の競争は17になります。スキーに加えて、古典的なGatarinpikkuカシマサッカーサイクリングラグーン、ラグーンで、約5,000人が郡彼らの競争を含め、5試合に参加した。約20鹿島の訪問では、と楽しんでされているこれは壮大なイベント、鹿島を上回ることはない。 1997年の両方の都市と郡は、ビーチの友好都市協定の端に共同署名した​​。 韓国のGatarinpikku市を開くにはGatarinpikkuに郡の代表団、家庭では、今年5月に開催されることが決定。 2011年7月27日地方版女性の学生を売春市TAとして、
posted by tjfgdsf@hotmail.com at 11:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。